キングスパーク / Kings Park

パースのメイン観光スポットのひとつ、キングスパークは、パースのシティー中心部にあり、市内ホテルからでも簡単にアクセスできる大きな公園です。

 

ここはマウントイライザという小さな山の上に位置していて、総面積約404ヘクタール、東京ディズニーランドの約5倍、東京ドームの約23倍の広さがあります。市民の憩いの場として親しまれていて、無料バーベキュー施設、子供達用の遊具やサイクリング・ジョギングコースなどの他、レストラン、売店、お土産屋さんなどもあります。

また園内には450種以上のワイルドフラワーが咲き、毎年9月~10月には約一ヶ月間、西オーストラリアのワイルドフラワーをきれいに展示したワイルドフラワーフェスティバルも開かれます。

 

パース方面からキングスパークに入るFraser Avenueという道沿いに立つ大木の葉は、山椒の匂いがします。木からちぎると怒られますので、落ちている木の葉を拾って揉んでみてください。

 

有名なキングスパークからの景色

Fraser Avenueからキングスパークに入り、公園の中まで進むと左手に戦争慰霊塔が見えてきます。ここには第一次・第二次世界大戦での西オーストラリア出身の戦没者の霊が奉ってあり、その慰霊塔の下にある鉄柵の中に約5000名の戦没者の名前が刻まれています。

 

この慰霊塔の裏からスワンリバー越しに眺めるパースシティーの景色は、ポストカードにも採用される美しい風景が広がります。ぜひこの風景を写真に収めてください。

平日の夜景もとても素敵ですが、夜になりますと明かりが少なく真っ暗になりますので、身の回りのものに注意し、数人ではぐれないように移動してください。