スワンバレー / Swan Valley

スワンバレー地区は、西オーストラリア州でもっとも古い歴史を持つワインの産地で、パース市内から車で約25分程度の場所にあります。スワンバレーには、大小あわせて40以上のローカルワイナリー、その他70件以上のレストランやビール工場、チョコレート工場などがあります。

スワンバレーの有名ワイナリー

スワンバレー地区の有名なワイナリーを紹介します。

  1. サンダルフォードワイナリー / Sandalford
    1840年創業の老舗ワイナリー。入り口の大きな門をくぐるとワイナリーまでのまっすぐな道の脇に整然と配置されたブドウ畑があります。サンダルフォードでは、ワインの試飲はもちろんブレンディング体験もできます。
    またその広い土地を利用して、毎年有名なアーティストのコンサートなども開催されます。ワイン好きでなくてもワイナリーのきれいな建物やブドウ畑に圧倒されます。

  2. ホートンワイナリー / Houghton
    1836年創業の老舗ワイナリー。広大な敷地の中で多種にわたるワインを製造しています。ワイナリーに併設されたレストランではワインに合う料理なども提供されていて、ワイン好きの方にはぜひ訪れていただきたいワイナリーです。
    特に11月下旬から12月にかけての時期は、日本にとっての桜のような存在であるジャカランダの花が満開になります。ホートンワイナリーのジャカランダはとても有名で、このジャカランダを見にホートンを訪れるというローカルも少なくありません。

スワンバレーの動物園 カバシャムワイルドライフパーク

カバシャムワイルドライフパークは、パース近郊でとても人気のある動物園です。カバシャムワイルドライフパーク内には、オーストラリアに生息する動物たちがメインに飼育され、カンガルー・コアラ・ウォンバットなどを見ることができます。

 

特にカンガルーは、放し飼いになっているため、園内に無料で配置してある餌を使って直接手で餌やりをすることもできます。コアラを抱くことはできませんが、撫でたり写真を撮ったりすることができます。

 

その他、ファームショーというオーストラリアの農場で日々行われている牛の乳搾りなどの農場体験・デモンストレーションを体験することもできます。

 

パースからだとアクセスがしづらいため、一番近い駅(Guildford Station)まで行き、そこからタクシーなどを利用すると良いでしょう。タクシーで移動した場合、片道15~20ドル程度です。

スワン川クルーズでスワンバレーヘ

スワンバレーには、パース・フリーマントルを流れるスワンリバーという川が流れていて、スワンリバーをクルーズしながらスワンバレーを楽しむというツアーもあります。

スワンリバーは静かな川ですので、それほど揺れることもなく、ゆったりとリバークルーズを楽しむことができます。クルーズによっては、船内でバイキングランチを食べるものや川のほとりに建つワイナリー併設のレストランでコースランチを楽しむものがあります。

ツアーですとパースからの発着ですので、移動手段がない方でもスワンバレーを楽しむことが可能です。