フリーマントル / Fremantle

フリーマントルは、パースの南19kmの場所にある港町です。ここフリーマントルは、いまだにヨーロッパ調の古い建物が多く、街の中を散歩しているとまるで中世のヨーロッパに来てしまっているような気になります。

市内には、歴史のある観光スポットや観光客であふれるマーケットなどがあります。

 

フリーマントル マーケット / Fremantle Markets

1830年代に建てられた建物をそのまま利用し、中では新鮮な果物や野菜を取り扱うお店が並び、スーパーマーケットで購入するよりも安く新鮮な食材が手に入ります。また、フリーマントルマーケット内には150店を超える骨董品や衣料品などのお土産屋さんや屋台(アジアンフード等)、蜂蜜専門店、アロマオイル専門店等が所狭しと並んでいます。現在、ここフリーマントルマーケットは、西オーストラリアの重要文化財に指定されています。

 

営業時間は、毎週金曜・土曜・日曜日、また月曜日が祝日の場合のみ月曜日もOpenしています。観光しながらお土産選びもできちゃいます。

 

Eシェッド マーケット / E Shed Markets

毎週末 (金・土・日・祝) に開いているフリーマントルの埠頭にある倉庫を利用した週末マーケット。

営業時間は9時から17時まで (Food Courtは20時まで)。生鮮食料品やお土産アクセサリーなどを取り扱ったお店とフードコートがあります。Fremantleマーケットよりは規模が小さいですがふらっと訪れてみてください。

 

カプチーノ通り / Cafe Street

Fremantle駅からマーケットまで行くMarket通りからSouth Terraceは通称カプチーノ通り (Cappuccino Street) と呼ばれ左右に沢山のイタリア系Caféが立ち並んでいます。もちろんここで一番人気のメニューは「カプチーノ」。ミルクコーヒーの上に牛乳を泡立てたクリームを乗せ、その上からココアパウダーをかけるコーヒーです。もともとはシナモンパウダーをかけるもののようですが、甘い物好きのオージーはココアパウダーをかけるようになったようです。ここを通ったらぜひゆっくりとオープンカフェで、オーストラリアスタイルのカプチーノを楽しんでください。

 

 

フリーマントル刑務所 / Fremantle Prison

フリーマントルマーケットのそばにあるフリーマントルを代表する観光スポット「フリーマントル刑務所」。老朽化に伴い1991年、132年の役目を終え、現在は西オーストラリアの重要文化財に指定され、観光スポットとして一般に公開されています。

 

刑務所内は広いためローカル英語ガイドとともに周ります。平日は10時から17時まで開館しており、30分毎にツアーが出発しています。また水曜日と金曜日の夜のみ、ナイトツアー(Torchlight Tour)が催行されています。真っ暗な中、刑務所内を周るという一風変わった経験もできます。

 

昼・夜問わず、刑務所入り口でチケットを購入する際に通訳トランシーバーを借りることができます。英語ガイドとともに周るため、英語の説明では・・・という方はぜひ入館の際に借りておきましょう。

 

使い方は簡単。ツアー中、要所要所で立ち止まり説明があります。その際にガイドが番号を案内するのでその番号をトランシーバーにインプットしてください。そうすると日本語での説明が流れます。

 

その他かつてフリーマントル近辺の水の供給に使われたトンネル内を周るツアーなども催行されています。

 

ラウンドハウス / Round House

フリーマントル駅からヨットハーバーへ向け歩いていくとビーチ沿いに見えてくるのがラウンドハウス。

1830年から1831年に建てられた12角形の建物で、かつては囚人の一時収容所として使われていました。現在は10時30分から15時30分まで開館しています。入館時は、入り口にある募金箱に1ドル以上のコインを入れてから入館しましょう。

 

毎日13時に大砲が打ち鳴らされるため、お昼前後にフリーマントルを訪れる場合はぜひ立ち寄ってみてください。

ラウンドハウスの下にはトンネルがあり、かつてラウンドハウスの先に捕鯨用の桟橋があったことから、荷物の積み下ろし用としてトンネルを作りました。

 

ちなみにこのラウンドハウスにはいくつかの怖い噂があります。

ひとつはこのラウンドハウスでは、西オーストラリアで初めて絞首刑が行われ、その刑を受けた若い囚人の霊がラウンドハウスに住み着いているといわれています。

 

もうひとつは、1800年代の後半に捕鯨船の乗組員が船から荷物を降ろしている際に荷物の下敷きになってなくなってしまい、その乗組員の亡霊が住み着いているといわれています。

 

フリーマントルお勧めのレストラン / Little Creatures

フリーマントルの地ビール、リトルクリーチャーズのビール工場です。レストランが併設されているので、できたてのビールを飲みながら美味しい食事が楽しめます。騒々しくはあるものの、雰囲気もよく、お食事もおいしいため、地元のローカルたちにも大変人気のあるレストランです。ただ混み合っているときは、お食事が出てくることが遅くなるのでビールでも飲みながらゆっくり待ちましょう。

またレストランの隣にはオリジナルグッズショップも併設されているためそちらで持ち帰り用のビールを購入することも可能です。リトルクリーチャーズのビールはパース・フリーマントル市内の各リカーショップ(酒屋)でも購入できます。